アビエスクリニック
診療のご案内

循環器内科

循環器内科では、心臓疾患に精通した医師が診察を行います。心臓超音波、心電図、エルゴメーター(運動負荷心電図)、ホルター心電図(長時間心電計)などを組み合わせ、様々な疾患に対応できるよう万全の体制でお待ちしております。

○高血圧

循環器疾患で、最もポピュラーな疾患です。高血圧は“沈黙の殺人者”と呼ばれていて、ある日突然に、心臓病や脳卒中でしに至らしめるとされています。当院では、運動指導、食事指導、薬物治療をおこないます。

薬についても、ARB、ACE、カルシウム拮抗薬、βブロッカー、αブロッカーなどその方にあった製剤をチョイスし、治療をおこないます。

ご心配の方はまず、ご相談ください。

○高脂血症(高コレステロール血症)

高脂血症はひどくなると、血管内に動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や狭心症、脳卒中を引き起こすとされています。

当院では、運動指導、食事指導、薬物治療をおこないます。薬についても、ストロングスタチン、スタチン、フィブラート、EPAなどその方にあった製剤をチョイスし、治療をおこないます。

ご心配の方はまず、ご相談ください。

○狭心症、心筋梗塞

一般的には、胸痛(胸の痛み)で起こるとされ、心臓の周りの冠状動脈というところ(心臓を栄養する血管)に動脈硬化が生じて、血液の流れが悪くなり起こります。ただでさえ、流れがよくないところに、運動などをすると、血管は細くなり、流れは全くなくなります。これで胸の痛みが起こるわけです。症状は、数分のことが多いです。(数十分以上だと、心筋梗塞が考えられます。当院では、運動負荷心電図(エルゴメーター)、心臓超音波(心エコー)、心電図、血液検査、トロポニンT迅速キットなどを用いて、適切に診断し、必要であれば、近隣の提携病院に精密検査(冠動脈CTや血管造影)、治療(血管内ステント治療、冠動脈バイパス術)を依頼しています。その後のフォローは当院で行っています。院長は長年、狭心症の治療に取り組んできました。特に冠動脈バイパス術に関しては、学会、論文発表も豊富です。胸の痛みなどがある際にはご相談ください。

○不整脈

動悸などの症状で起こることが多いとされています。不整脈には、放置できるもの(洞性不整脈など)から、治療が必要なもの(一定数以上の心室性期外収縮など)まで色々あります。当院では、心電図、長時間心電図、心臓エコー検査などをして、的確に診断し、治療をご提案します。

院長は、“いい病院2007(週刊朝日別冊)心筋焼灼術全国ランキング7位”に選出されています。ご相談ください。

○心臓弁膜症、心不全

心臓には、4つの逆流防止弁が付いています。この弁が、壊れたり、硬くなったりすると、弁不全を起こし、最終的には心不全を発症します。心不全は、息がしにくくなったり、足や全身が腫れるといった症状がでてきます。当院の超音波検査は、アメリカGE社製の最新型高精度な超音波検査装置を導入しており、心臓および肝臓、下肢まで詳しく検査できます。軽度のものは、薬による治療で十分治療できます。ひどくなった際には、提携医療機関に随時紹介し、適切な治療をご案内します。ご相談ください。

心臓血管外科・フットケア(足のむくみや痛み)

○心臓手術術後、血管手術術後の継続治療

心臓手術術後や人工血管やステント挿入術後の血管治療術後の患者様が、治療を継続できるよう、当院でフォローすることが可能です。院長は、長年、心臓血管外科に従事しておりました。当院での治療継続を希望される方は、お問い合わせください。既に、何人もフォローさせていただいています。

○閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症(動脈閉塞性疾患)は動脈硬化により、血管内に動脈硬化が起きて、歩いていると、足が痛くなる病気です。これについても精査できるように、ABI/PWVという精査器械を導入しています。この器械では血管年齢を調べることもできます。また、下肢血管エコーを行い、病変の精査を行います。多くの場合は、薬剤による治療と、温熱治療を組み合わせて、治療をおこなっています。手術が必要な際は、提携病院での治療をご紹介しております。

○リンパ浮腫(足のむくみ)

リンパ浮腫とは,生まれつきのリンパ管系の発育異常や手術(大腸癌、子宮がん、乳がん)によるリンパ節郭清によりリンパの輸送障害が生じ,その結果として組織間隙に過剰な水分(浮腫液)が貯留した状態です。軽度の浮腫でも,いったん炎症を起こすと急激に悪化するので注意が必要です。当院の場合、多くは下肢エコーなどにより(敷石状変化 図参照)診断しています。アビエスクリニックでは、スキンケア、バンテージ療法、弾性ストッキング療法、エアーマッサージ療法など、幅広い治療法を提供しております。一部のリンパ浮腫は、保険適応でストッキングを購入できます。ご相談ください。

○深部静脈血栓症(足のむくみ)

深部静脈血栓症下肢の中心を流れる、大きな血管に、血の固まり(血栓)が出来る病気で、最近では長時間の飛行機搭乗によるエコノミークラス症候群、あるいはロングフライト血栓症としても注目を集めています。しかし、多くの場合は炎症がほとんど生じないため、痛みも静脈上の皮膚の発赤もごくわずかです。患者の約半数は無症状です。症状がでる場合は、ふくらはぎが腫れて、痛み、圧痛、熱感などの症状が現れます。肺塞栓を起こす場合もあり、重要な病気です。

深部静脈血栓症検査としては下肢血管エコー、採血、レントゲン、心電図を行います。エコーで血栓を確認し、採血で、炎症の程度、Dダイマーという血液学的に血栓があるかどうかも確認します。急性期は、提携病院紹介し、治療を行うこともあります。慢性期は、弾性ストッキング着用、抗凝固薬(ワーファリン、リクシアナ)の内服を行います。

深部静脈血栓症当院には、ワーファリンのコントロール指標(PT-INR)をわずかの血液で、1分で測定できる機械(コアグチェック)を導入しています。診察当日にワーファリンの用量設定が出来ます(国際血栓止血学会2009年(ボストン)、2011年(京都)で院長が学会発表しました)。また当院では、低用量ワーファリン治療(PT-INR15~2.0)を行って、出血のリスクを軽減するよう努力しております(2003年のPREVENT研究の報告による)。また、2014年から新しい抗凝固薬であるリクシアナが保険適応となりました。これは、血液凝固因子Ⅹaを阻害する(難しい話なので、後は割愛します)、新しい機序の抗凝固薬で、ワーファリンのように毎回採血の必要はありません。夢の薬の誕生なのですが、薬価がワーファリンと比べると高いのが難点です。なので、患者様の要望に合わせて治療していきます。さらにエアーマッサージ(ドクターメドマーとハイパーメドマー)を行い、足の腫れの治療を十分にできる体制を整えています。内服薬は、抗凝固薬(ワーファリン、リクシアナ)のほかに、症状によっては、静脈の炎症を抑えるために、ビタミンEの投与や、むくみに対して、漢方薬の投与も行います。

○下肢静脈瘤(足のむくみ)

下肢静脈瘤には・・・・

長年の立ち仕事などや妊娠などの生活習慣から生じる一次性静脈瘤と“深部静脈血栓症”から生じる二次性静脈瘤があります。


一次性静脈瘤は、手術や硬化療法で治療できますが、二次性静脈瘤(深部静脈血栓症)は、抗凝固剤(内服薬)による治療法が主体となります。(深部静脈血栓症の欄を参照して下さい)アビエスクリニックでは、一次性静脈瘤に対して、切らずに治す“硬化療法”を主体に治療を行っております。どうしても必要な場合にのみ手術(血管を引き抜くストリッピング手術)を併用しています。

アビエスクリニックでの検査

まず、一次性なのか二次性なのかを調べる必要があります。

  • 超音波検査(GE社製最新機種の装置を用いて、エコー検査を行います)
  • 血液検査(Dダイマーなどの、血栓があると上昇するといわれるマーカーを検査します)

これにより十分な検査を行ったあと、治療法についてご説明します。
(初診料+検査、診察料で、3割負担で6000円程度です)

アビエスクリニックでの治療方法

二次性静脈瘤の場合は、血をさらさらにする治療法が選択されます。
一次性静脈瘤の場合には、保存的治療法と外科的治療法のどちらかが選択されます。
軽度のものであれば、保存的治療法が選択されます。

保存的治療法

圧迫療法

医療用の弾性ストッキングや弾性包帯で、下肢に適度な圧力を与えることで下肢に余分な血液がたまることを予防し、下肢の深部にある静脈(深部静脈という下肢静脈の本幹)への流れを助けます。医療機関で販売されているものが、きわめて効果が高いものと考えます。血管の炎症に対してビタミンEやローション、むくみに対して、五苓散などの漢方薬の投与を行い治療します。

(アビエスクリニック取り扱い テルモ(JOBST)、レッグスフィット、ALCAREなど)
(ストッキングは、4000円から12000円程度です)

外科的治療法

硬化療法

静脈瘤の中に、硬化剤という薬剤を注入し、静脈の内側の壁と壁をくっつけてしまったり、血栓(血のかたまり)をつくり詰めてしまう方法です。硬化療法だけで、すべての下肢静脈瘤が治療できればよいのですが、重度の静脈瘤には有効とはいえません。当院では、なるだけ硬化療法で治療していけそうなものは、硬化療法を主体に治療を行っています。当院では硬化剤を泡状にするフォームを作り、硬化療法を行うフォーム硬化療法を行い、成績を上げる努力をしております。

しかし、硬化療法は再発することもあるので、硬化療法だけでは難しい場合があります。硬化療法の術後は、硬化した血管に沿ってくろずみが現れることが多いとされています。通常は数ヶ月で治っていくものですが、1年以上持続することもあります。また、手術終了後2ヶ月は足が腫れていることが多いので、弾性ストッキングが必要です。硬化療法は、日帰りで治療できるものです。基本は、術後2日目、1週間目、1ヶ月目に来院いただきます。費用は3割負担で、6000~8000円程度です。

術前

術後30日
黒ずみ(+)
術後60日
黒ずみ ほぼ消失

 

静脈抜去(ストリッピング)+硬化療法

下肢静脈瘤を形成する血管を除去してしまう方法です。その後硬化療法を追加します。大腿の大伏在静脈といわれる静脈をTLA(低濃度浸潤麻酔)という新しい麻酔法で麻酔を行い、日帰り手術で行います。当院では、症状にあわせて、JMS内翻式ストリッパーを用いる方法と、インビジグリップを使用する方法とで、使い分けを行っております。ストリッピング手術の2日後に硬化療法を行います。この治療は、どうしても硬化療法だけでは完治が難しい症例に限り行っております。手術終了後2ヶ月は足が腫れていることが多いので、弾性ストッキングが必要です。費用は3割負担でストリッピング手術が約35000~40000円、硬化療法が3割負担で6000~8000円程度ほどです。血管内レーザーやラジオ波による治療は行っておりません。ご希望の方は、近隣の病院をご紹介いたします。


術前 術後1ヶ月

(使用した画像はあくまでも結果の一例であり、全例の結果ではありません)